2019年9月22日(日),23日(月祝) 関西支部・四国サロン合同 フューチャーセッション in 高知【子どもたちが幸せに働き続けることのできる高知】四国サロン

67582158_2292304841085154_1199169055320178688_n.jpg

担当運営委員からのご案内

高知を私達の子どもたちが幸せに働き続けることのできる「田舎」にしたい。

今、10代の若者が働き盛りとなる2030年~40年頃は、人口の急激な自然減と人工知能やロボット等による代替によって、「仕事」が大きく様変わりすることが予想されている。そんな激動の時代にあって、地方では子どもたちが自分の将来を考える上で、肌で感じることのできる、身近に実感できる可能性の種類も少ない。

高知県は課題先進県。賢く縮むことができなければ、子どもたちは可能性を求めて都市へと出ていく一方。このままでは高知県そのものが限界集落となってしまう。

現在、高知県では官民学やNPO、有志のコミュニティが様々な活動で賢く縮むための取り組みを行って一定の成果も生んでいる。しかし、「お金」と「人材」の面で不利な地方で、それぞれが単独でバラバラに行動していては、子どもたちにその成果を渡す前に、私達が潰れてしまいかねない。種火が大きな火柱になれず強い風によって消されてしまう前に、お互いの種火から大きな松明を作り、可能性の平野を子どもたちに照らし出そう。

ファシリテーターは協働の促進者。賢く縮みながら、若者が幸せに働き続けることのできる「田舎」になるために、組織・コミュニティ・世代の壁を超えて繋がり、信頼しあい「未来」を話せる場が欲しい。そんな想いを「ファシリテーターたち」が持った。高知から、地方を変えよう。

セッション情報

当日はSONYにもご協力いただき、SOMAの「あこ」と4K双方向画像を繋いで、テレイグジスタンス+ファシリテーションのワークショップも予定しています。

https://sre-ai-partners.co.jp/news_20190612-01.html

対象

  • 子どもたちが幸せに働き続けることのできる地方について話し合いたい方
  • フューチャーセッションを通じてファシリテーションを体験したい方
  • フューチャーセッションのファシリテーターを体験したい方

日時

※通常とは違い、2日間のイベントとなっております
2019年9月22日(日)13:00~17:00 (受付開始 12:30),23日(月祝)10:00~15:00

場所

高知市追手筋2-1-1
オーテピア高知図書館4階 研修室
https://otepia.kochi.jp/

参加費

2,000円(大学生 1,000円、高校生以下無料)

定員

50名

申し込み

※通常の申し込みとは別のHPにて管理しますので、下記リンク先から申し込みをお願いします。

フューチャーセッションin高知

申し込み.jpg

リンク先の参加するボタンから申し込んでください。