東京支部の基本方針東京支部

この基本指針は、適宜見直し改定を行うものとする。

【東京支部調査研究事業<定例会>基本方針】

定例会とは、ファシリテーションの調査・研究と会員の研鑽のために定期的に開催する活動である(運営規程第28条)

東京支部が定例会を行う目的

東京支部は、この定例会によって、ファシリテーションを深め、広げ、様々な可能性に挑戦する場を目指します。

  • 参加者・企画者・その他会員、全員に価値あるものを目指します
  • 企画者・参加者の区別なく、一人ひとりが主体的に、価値ある場をつくることを目指します
  • 多様性を尊重し、公平・中立な意見と、専門的な意見の両方を大切に考える場を目指します

【東京支部交流親睦事業<支部イベント>基本方針】

支部イベントとは、FAJの各支部が主催する催事活動(イベント)。定例会と違い、非定期に開催する「研究大会」と位置づけられ、交流・親睦事業の一環として、ファシリテーションの知識やノウハウを伝えたり、日頃の会員活動の成果を分かち合うための催し物である(運営規定53条)

東京支部が支部イベントを行う目的

東京支部は、このイベントを通して ファシリテーションを知ってる人も知らない人も、 共に、ファシリテーションを探求・探究し、 そこに参加した人々みんなが楽しむことによって ファシリテーションという共通言語を持つ人を増やしていく! そんなことを目指しています。