ホーム  > 各地域のFAJ  > FAJ事務局  > FAJ事務局の書庫  > ファシリテーション白書2014

ファシリテーション白書2014

ファシリテーション白書2014を発刊いたしました

日本ファシリテーション協会(FAJ:Facilitators Association of Japan)は、2008年に、日本で始めてファシリテーションの普及度調査を行い、「ファシリテーション白書」を編纂しました。その結果はFAJのホームページ上で掲載しています。
掲載先はこちら

 今回は2014年度版の白書として、前回2008年の調査時と比べてどの程度変化があったのか、また新たな調査の軸を設定し、多方面からファシリテーションの普及度調査を試みました。

ファシリテーションの普及度を調べるための4つの調査

今回の白書では、以下の4つの調査を行いました。
  アンケート調査
  WEBのアンケートパネルを利用した無作為抽出アンケート調査を行いました。
  文献調査
  公開されている論文や、書籍からファシリテーションに関連する記述があるものを抜き出し、調査しました。
  地域活用調査
  地域で継続的にファシリテーションを用いた活動を行っている組織、団体を調査しました。
  大学調査
  大学の学部でファシリテーションに関する講義がどの程度実施されているか調査しました。

白書のPDFファイルは下記リンクよりダウンロードしてください

page top

page top

Copyright(c). Facilitators Association of Japan. All Rights Reserved.