ホーム  > 各地域のFAJ  > 関西支部  > イベント案内  > 2016-02-13(土) 関西支部イベント ファシリテーション フレームワーク

イベント案内

2016-02-13(土) 関西支部イベント ファシリテーション フレームワーク

多数のご参加をいただき誠にありがとうございました。ホームページにて当日の模様をレポートさせていただきます。しばらくお待ちください。

日本ファシリテーション協会関西支部では、会員以外の方も広くご参加できる関西支部イベントを下記のとおり開催します。

ファシリテーションの経験に関わらず参加できる、ファシリテーションとフレームワークの関係性を体感するプログラムで、ファシリテーションの新たな可能性、魅力を発見し、実践しようと思えるイベントです。

現在、各分野で活躍しているファシリテーターによる8つの魅力的な分科会や全体会を通じて、「ファシリテーションフレームワーク」の世界に1日たっぷりと浸ってみませんか?

関西支部イベント実行委員一同、皆さんの参加をお待ちしております!

01 / 中野 巧/ ファシリテーションの魅力を、あなたの言葉で伝えるワークショップ
02 / 山本 伸/ 顧客が共感する“価値”をデザインする〜本音をあぶり出すファシリテーション・ツール
03 / 荒金 雅子/ 振り返りのフレームワーク「ORID」を極めよう!
04 / 久保 隆/ ミニ会議でフレームワークを使ってみよう!
05 / 加藤 彰/ 合意形成の流れをフレームワークとして捉える
06 / 中野 由里 & 百野 あけみ/ フレームワークについての疑問難問なんでもバッサリ解決!FAJ猛牛ライブ
07 / 藤丸 周一郎 / ポスト・イット® ミーティング・ソリューション™ワークショップ&使いこなし方説明会
08 / 森 時彦/ 「フレームワーク」を超えて 現場・本質から考える【好評につき若干名追加募集中】
 

開催概要

【日時】 2016年2月13日(土) 10:00〜18:00 (受付開始 9:30)
【場所】 アネックス パル法円坂 《会場地図はこちら》
〒540-0006 大阪府大阪市中央区法円坂1-1-35
JR 森ノ宮駅 または 地下鉄 谷町四丁目駅 より徒歩10〜15分
※新大阪より約30〜40分
【参加費】 一般 5,000円 (FAJ会員は 3,000円)
学生 2,000円
※懇親会(泡の会)は希望者のみ先着順、別料金です。
【定員】 200名
【申込み】 2016年1月上旬より、当ページにて受付開始予定です。
【主催】 特定非営利活動法人 日本ファシリテーション協会(FAJ)
【協賛】 スリーエムジャパン株式会社

申込み方法について

お申し込みは、午後の分科会の一つを選択いただき、各分科会のページ(Peatix)からお申し込みください。
Peatixでのチケットの購入手順のご説明(PDF:約0.3MB)

分科会ごとの定員に達し次第、順次締切となりますので、ぜひお早目にお申し込み下さい。(定員は分科会ごとに異なります。)
▼分科会一覧は、こちらをクリック▼

プログラム(予定)

※プログラムの時間や内容は、変更になる可能性がございます。 

受付開始
(9:30〜)
 
オープニングイベント (10:00〜12:00) ようこそ、関西支部イベントへ!
昼食・休憩
(12:00〜13:00)

※近くに飲食店はありませんので、昼食はご持参いただきますようお願いいたします。

分科会
(13:00〜16:00)

下記の8つの分科会より1つを選択いただきお申し込みください。

01 / ファシリテーションの魅力を、あなたの言葉で伝えるワークショップ
02 / 顧客が共感する“価値”をデザインする〜本音をあぶり出すファシリテーション・ツール
03 / 振り返りのフレームワーク「ORID」を極めよう!
04 / ミニ会議でフレームワークを使ってみよう!
05 / 合意形成の流れをフレームワークとして捉える
06 / フレームワークについての疑問難問なんでもバッサリ解決!FAJ猛牛ライブ
07 / ポスト・イット® ミーティング・ソリューション™ワークショップ&使いこなし方説明会
08 / 「フレームワーク」を超えて 現場・本質から考える

移動・休憩
(16:00〜16:15)
 
全体イベント
(16:15〜18:00)
再び参加者全員が一同に会し、振り返りと分かち合いを行います。

【懇親会「泡の会」について】
イベント終了後、JR京橋駅近くのお店で懇親会「泡の会」を行います。参加ご希望の方は、分科会の受付ページをご参照のうえお申し込みください。(定員有り、先着申込み順)
 

オープニングイベント ファシリテーター紹介

加藤 彰 (かとう・あきら)

NPO法人日本ファシリテーション協会フェロー。(株)日本総合研究所総合研究部門 ヘルスケアイノベーショングループ シニアマネジャー。京都大学大学院工学研究科修了。(株)デンソーにて半導体研究従事後、(株)日本総合研究所にて経営コンサルティングに従事し、日々の業務でファシリテーションを活用している。主にヘルスケア分野において、企業の戦略策定、業務再構築、新規事業開発、人材育成に関わっている。著書に「ロジカル・ファシリテーション」PHP研究所、「ファシリテーション・グラフィック」「ワークショップ・デザイン」(共著)日本経済新聞出版社等。

平井 雅 (ひらい・ただし/通称ラティーノ)

1965年神奈川県生まれ。20代に中南米を放浪した後、1995年沖縄移住。地域おこし、教育、ビジネスなどさまざまな分野においてファシリテーターをつとめ、沖縄県内各離島の島おこしや、アジアの高校生が集まる学習・交流プログラム、観光産業における組織開発・人材育成など多種多様なプロジェクトで成果を上げている。人気講座「わかりやすい資料づくり講座」などファシリテーションを活用した参加型研修の講師も多数つとめる。協働促進社 代表(2013〜)。NPO法人日本ファシリテーション協会会長(2014〜)。国際ファシリテーターズ協会(IAF)認定™プロフェッショナルファシリテーター(2013)。IAF主催「ファシリテーションインパクトアワード」銀賞受賞(2015)。

堀 公俊 (ほり・きみとし)

堀公俊事務所代表、組織コンサルタント。NPO法人日本ファシリテーション協会フェロー。1960年神戸生まれ。大阪大学大学院工学研究科修了。1984年より大手精密機器メーカーにて経営企画やマーケティングに従事。1995年より組織改革、企業合併、教育研修、コミュニティ、市民活動など、多彩な分野でファシリテーション活動を展開。2003年に有志と共に「日本ファシリテーション協会」を設立し、初代会長に就任。関西大学、法政大学、近畿大学などで組織行動学の講師を務めた後、コンサルティングや研修・講演を通じて組織開発やイノベーションの普及・啓発に尽力している。著書に、『ビジネス・フレームワーク』『アイデア発想フレームワーク』『問題解決フレームワーク大全』『ファシリテーション入門』(以上、日本経済新聞出版社)、『今すぐできる!ファシリテーション』(PHP研究所)、 『チームファシリテーション』(朝日新聞出版)など多数があり、多くは海外でも翻訳・出版されている。 

分科会&ファシリテーター紹介

《分科会一覧》 各分科会の参加受付ページよりお申し込みください。
01 / ファシリテーションの魅力を、あなたの言葉で伝えるワークショップ
02 / 顧客が共感する“価値”をデザインする〜本音をあぶり出すファシリテーション・ツール
03 / 振り返りのフレームワーク「ORID」を極めよう!
04 / ミニ会議でフレームワークを使ってみよう!
05 / 合意形成の流れをフレームワークとして捉える
06 / フレームワークについての疑問難問なんでもバッサリ解決!FAJ猛牛ライブ
07 / ポスト・イット® ミーティング・ソリューション™ワークショップ&使いこなし方説明会
08 / 「フレームワーク」を超えて 現場・本質から考える

 
お申し込み、お支払いについてはPeatixシステムを使用しております。
お申し込み方法についてのご質問やお困りの点がございましたら、お気軽に下記アドレスまでお問い合わせください。Peatixの操作が難しい場合は別のお申し込み方法をご案内いたします。


FAJ関西支部イベント実行委員会 <kansai-event@faj.or.jp>


 

分科会 01 / ファシリテーションの魅力を、あなたの言葉で伝えるワークショップ

「共感」を「結果」につなげる文章術─エンパシーライティング®のワークショップ。エンパシーライティング®は、文章作成のフレームワークですが、それだけではありません。ファシリテーションはもちろん、マーケティング力、コミュニケーション力、企画力、文章力など、プロフェッショナルの仕事力を高める「共感力」に磨きをかけるフレームワークです。ビジネスパーソンをはじめ企業研修や地方自治体、教育機関などで幅広く活用され、“共感される文章の力”で多くの成果を上げている【一生もののスキル】を身につけるために、ぜひご参加ください。

分科会01 の参加受付ページ(Peatix)へ

 中野 巧 (なかの・こう)

株式会社studio-K 代表取締役社長

「共感」を「結果」につなげる文章の専門家。
大学の建築学科を卒業後、大手ハウスメーカーで住宅の設計の仕事に従事。将来の独立起業のためには営業力が必須であると考え、26歳でゼロからフルコミッション営業の業務に転職。従来型の売り込み営業で結果を出せず、“半年間の給料が25万円” という挫折を味わい、失職する。その後、業界最大手の通信会社の営業職として再度チャレンジし、そこで、顧客と「共感」によってつながることで、営業で結果が出ることを経験する。

それまでの売り込みスタイルではなく、顧客に共感しながら、顧客が必要とする情報をわかりやすく伝えることに徹底し、数ヶ月で全国トップの営業実績を上げ、退職するまでトップの成績を維持。30歳目前にウェブマーケティングの仕事で独立。そして、自身が得た経験を体系化し、ビジネスパーソンをはじめ、に多くの人に「共感力」を磨く方法を提供したいと考え、10年書き続けてきた独自の文章メソッドを1枚のチャートに結晶化し、エンパシーライティング®・メソッドを開発。

「共感」を「結果」につなげる文章術─エンパシーライティング®は、ビジネスパーソンをはじめ企業研修や地方自治体、教育機関などで幅広く活用され、“共感される文章の力”で多くの成果を上げている。日本だけではなく、台湾や中国からの引き合いもあり、2015年7月にはシンガポールの大学での講義にも招かれている。
 

分科会 02 / 顧客が共感する“価値”をデザインする〜本音をあぶり出すファシリテーション・ツール

どの企業、組織でもイノベーションに向かわざるを得ない現代、顧客の共感を生み「欲しい」と言われるサービス・製品開発が急務である。本会では、顧客の「本音」のあぶり出し方、1人のアイディアを皆のアイディアに昇華する方法を具体的に手を動かして習得する。また、スピードが最も高コストである中、20週で組織が創造的かつ挑戦的にガラリと変革するプロセスも紹介したい。

分科会02 参加受付ページ(Peatix)へ

山本 伸 (やまもと・しん)

Toynon LLC代表
公認イノベーション・ファシリテーター
一般社団法人ビジネスモデルイノベーション協会理事

プロのイノベーション・ガイド。20週間で意図的に組織を変革する「FORTHメソッド」公認イノベーション・ファシリテーター日本人第1号。特にヘルスケア領域での「組織・ひと・モノ」づくりイノベーションを実践中。外資系3社15年で多国籍なプロジェクト、マネジメントを経験。言葉では伝わらない苛立ちから思いついた「ラクガキ」によりファシリテーションの「型」を確立し2014年、プロとして独立。今回のテーマは「本音をあぶり出すファシリテーション・ツール」。顧客が本当に悩んでいることを起点にするイノベーションを実現させるために、ファシリテーターとして欠かせない3つの視点を共有したい。
 

分科会 03 / 振り返りのフレームワーク「ORID」を極めよう!

ファシリテーターにとって最も重要なことは「プロセスを振り返ること」。
今回は、IAF(国際ファシリテーターズ協会)御用達の定番ツール「ORID(オーリッド)」を徹底解剖。
連続性のある問いにより、生成プロセスと統合プロセスを経て、新たな洞察や結論を導き出すORIDのパワーを一緒に探求してみませんか?

分科会03 の参加受付ページ(Peatix)へ

荒金 雅子 (あらかね・まさこ)

株式会社クオリア代表取締役
ダイバーシティコンサルタント
NPO法人日本ファシリテーション協会理事

ダイバーシティファシリテーター/イノベーションファシリテーター。
Standing in the fire認定(2015年)ダイバーシティスペシャリスト。
都市計画コンサルタント会社、NPO法人理事、会社経営等を経て、株式会社クオリアを設立、代表取締役に就任。

長年女性の能力開発、キャリア開発、組織活性化などのコンサルティングを実践。1996年、米国訪問時にダイバーシティのコンセプトと出会い強く影響を受ける。以降一貫して組織のダイバーシティ推進やワークライフバランスの実現に力を注いでいる。近年は組織開発の研究を続け、「学習する組織」「U理論」「アクションラーニング」「ファシリテーション」「女性のリーダーシップ開発」等の組織開発、又、イノベーションファシリテーター及びダイバーシティファシリテーターとして活躍している。
 

分科会 04 / ミニ会議でフレームワークを使ってみよう!

フレームワークは理屈だけわかっていても現場で使えなければ意味ないですよね。当分科会では、実際にミニ会議を開催し、そこでフレームワークを活用します。
(1)フレームワークの特徴と会議のフェーズを意識し、
(2)どのようなフレームワークを使うのが効果的かを検討し、
(3)その考えをもとに実際のミニ会議でフレームワークを活用する
を体験してみましょう!

分科会04 の参加受付ページ(Peatix)へ

久保 隆 (くぼ・たかし)

経営コンサルタント、プロセスコンサルタント、ファシリテーター
NPO法人 日本ファシリテーション協会 会員

日頃は、次のような3分野の活動にいそしんでいます。まずは、企業・医療機関・薬局・介護施設等において、幹部会議・管理者会議・プロジェクト会議等に進行役として参加しています。(一番お付き合いの長いクライアントは、今年で18年目、毎月その会社の幹部会議に顔を出しています。) 次に、管理者象中心にファシリテーション・ロジカルシンキング等の研修講師をしています。最後に、賃金制度・人事評価制度やマニュアル策定といった制度構築の支援に取り組んでいます。「会議を研修のように」「研修を会議のように」進めることをモットーとしています。
 

分科会 05 / 合意形成の流れをフレームワークとして捉える

フレームワークは人間が考え事や話し合いをするときのガイドとして役立つものだと思っています。フレームワークのおかげで、いちいちゼロから考えなくて済むわけですね。そういう意味で「市場・競合・自社」のように考える観点を与えてくれるフレームワークもある一方、考える順番を示してくれるものもフレームワークと言えるでしょう。この分科会では、合意形成の話し合いにおいて、結論にたどり着くまでの長いステップをフレームワークと捉え、それを自分たちの話し合いにあつらえ直して適用できるように練習を積みましょう。「ちゃんと皆で合意できた!」と言える話し合いが少しでも増えますように。

分科会05 の参加受付ページ(Peatix)へ

加藤 彰(かとう・あきら)

蠧本総合研究所総合研究部門 ヘルスケアイノベーショングループ シニアマネジャー NPO法人 日本ファシリテーション協会フェロー 京都大学大学院工学研究科修了。螢妊鵐宗爾砲独焼蛎慮Φ羹昌後、蠧本総合研究所にて経営コンサルティングに従事し、日々の業務でファシリテーションを活用している。主にヘルスケア分野において、企業の戦略策定、業務再構築、新規事業開発、人材育成に関わっている。

 


 

分科会 06 / フレームワークについての疑問難問なんでもバッサリ解決!FAJ猛牛ライブ

普段フレームワークについて悩んでいること困っていること、何でもズバッとお答えします。「よくぞ言ってくれました!」とか「あー、そんなこと言っちゃっていいのかーー!」とか(笑)
いろいろ出しちゃいますからね! いろいろきっとスッキリします。

分科会06 参加受付のページ(Peatix)へ

中野 由里 (なかの・ゆり)

税理士・税理士法人スプラウト代表
株式会社スプラウトビーンズ代表取締役
NLPマスタープラクティショナー
NPO法人日本ファシリテーション協会会員

大学卒業後、一般企業にて営業・広告制作・営業事務に従事。1996年税理士試験に合格し税理士業開業。以後、税理士として創業のお手伝いを17年間行い、100件以上の起業、事業運営をサポート。法人設立実績約80件。2006年税理士法人スプラウト設立。2011年、コンサルティング・教育研修・組織開発・広告代理店業務のため株式会社スプラウトビーンズ設立。
 

百野 あけみ (ひゃくの・あけみ)

Face to Face代表/i-business代表
日本経営協会専任講師
OD(組織開発)コンサルタント・ファシリテーター
NPO法人日本ファシリテーション協会会員

短大卒業後、大手銀行系SIerにてシステムエンジニアになる。2002年よりトヨタ自動車で勤務し、数々のグローバルプロジェクトに参画。その経験から、文化や風習、風土、各事業体や部署毎のミッションの違いを乗り越えた協働、共育がチームやプロジェクトの成功には不可欠であり、企業存続の源泉であるという確信を抱く。2009年、外資系コンサルティングファームのプライスウォーターハウスクーパースへ移り、コンサルタントに転身。2013年に独立。
 

分科会 07 / ポスト・イット® ミーティング・ソリューション™ワークショップ&使いこなし方説明会

会議の進め方にお悩みの方、新製品開発や個々の発想力を高めてイノベーション創出を目指している方々等、これからファシリテーターの役割を担う方々を対象にしています。ポスト・イット® を会議やワークショップで効率良く使い、短時間で組織の相互理解を深め、チーム力を発揮し易くするノウハウを学んでいただけます。当日のワークショップでは、思いっきり沢山のポスト・イット® 強粘着タイプをご利用ください。志の高い若きリーダーのご参加をお待ちしております。

分科会07 の参加受付ページ(Peatix)へ


藤丸 周一郎 (ふじまる・しゅういちろう)

スリーエムジャパン株式会社 文具・オフィス事業部 西日本販売部 マネージャー
ミーティングソリューション™推進ファシリテーター
NPO法人日本ファシリテーション協会会員

1963年8月、福岡県柳川市生まれ、52歳。
1988年3月、早稲田大学社会科学部卒業。システム分析専攻。
同年4月、住友スリーエム株式会社(現・スリーエム ジャパン)入社。ビジュアル製品部に配属。当初、液晶プロジェクターの前身のOHP(オーバーヘッド・プロジェクター)のシステム販売で、OHPフィルムの作成方法、プレゼンテーションテクニック等のセミナーでソリューション型セールスを展開。
1991年大阪支店から福岡支店へ転勤。
1993年12月、文具オフィス事業部に転部。東京支店、大阪支店、広島支店を経験。
2015年10月〜、ミーティング・ソリューションおよび官公庁ビジネス推進担当として名古屋〜大阪〜広島〜福岡まで西日本全域を担当する。
趣味:スポーツ観戦、ウォーキング、ラーメンの食べ歩き、サウナ・スーパー銭湯巡り等。

 

分科会 08 / 「フレームワーク」を超えて 現場・本質から考える

私はコンサルタントではなく、実務家としてビジネスの日々の現場でファシリテーションを使っています。そういう視点からこのワークショップでは、自分が無意識に囚われているフレームワークについて考えてみたいと思います。話し合うときはいつも、目的と誰のための会議なのかを見据え、無意識の内にそれらから遊離したフレームワークに陥らないように努めています(言うは易く行うは難しですが)。その上で、どういう枠組みで話し合うのがいいかいつも試行錯誤しています。この逆、つまりフレームワークからスタートすると、目的と誰のためかを忘れた議論に陥ってしまうというのが私の限られた経験からの実感です。ということで、このワークショップは、お得なフレームワークを学ぶためのものではありませんのでご注意ください。

分科会08 の参加受付ページ(Peatix)へ

森 時彦 (もり・ときひこ)

スポーツ自転車のY'sRoad代表取締役社長
(株)リバーサイド・パートナーズ、シニア・アドバイザー
(株)チェンジ・マネジメント・コンサルティング、代表取締役
BBT大学・日本工業大学院客員教授
NPO法人 日本ファシリテーション協会フェロー

私の主業務は会社の経営ですが、対人的な業務だけでなく、家庭でも、一人で考えるときもファシリテーションは欠かせません。今回はフレームワークがテーマですが、ひとは何らかの枠組みの中で考えるものだと思いますし、それなしに体系的にものごとを考えることはできないと考えています。

 

お問い合わせ先

Peatixでのチケットの購入手順のご説明(PDF:約0.3MB)

ご不明な点等ございましたら、メールにて下記アドレスまでお問い合わせください。
FAJ関西支部イベント実行委員会 <kansai-event@faj.or.jp>
※回答までに多少のお時間をいただく場合がございます。ご了承ください。

page top

page top

Copyright(c). Facilitators Association of Japan. All Rights Reserved.