ホーム  > 各地域のFAJ  > 新潟サロン  > レポート  > 2016年7月23日(土)新潟サロンFanii 2016年度 第4回例会 『ワークショップって何?』

ワークショップって何?

2016年7月23日(土)新潟サロンFanii 2016年度 第4回例会 『ワークショップって何?』

ワークショップって何?

日時:2016年7月23日(土) 13時30分〜16時30分

会場:アルザにいがた 403.404

メインF:吉崎

例会企画担当:味方・野本・宗村

参加者:一般参加者11名・会員9名(運営メンバー含む)

【目的】

ワークショップを体験から学び、理解とファシリテーターとしてのスキルアップの一助とする。

【目標】

1.「まわしよみ新聞」づくりを体験し、「共創の場」を体験として理解している

2.WSについて参加者が自分なりの解釈ができている

【スケジュール】

1.オリエンテーション(目的目標の共有ほか、自己紹介)

2.体験ワーク(まわしよみ新聞づくりを体験する)

3.考察ワーク(活動をふりかえる)

4.共有ワーク(ふりかえりを全体で共有する)

5.レクチャー(知識として理解する)

6.ふりかえり(今日のセミナー全体をふりかえる)

【本日の気づき・感想】

・WSは楽しい。

・久しぶりに充実したWSでした!

・WSでも作りあげることができるのだと知ることができました。(ほかの人の意見を聞くというのだけではなく)

・子どもの気持ちになって参加の大切さをとても感じました。ありがとうございました。

・場づくりは本当大事だなと思いました。性別・年齢ともにいろいろなところがイイです!

・WSはたくさん経験したが、WS自体を考える機会が今までなかったので、これから活用していきたい。

・WSは人との関わりや受容、ゴールの設定が大切だと思った。一つのものをみんなで作るっていいなと思った。

・ひとりでは思いつかないことも、他の人がかかわることで新たな気づきがある。

以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

page top

page top

Copyright(c). Facilitators Association of Japan. All Rights Reserved.