ホーム  > 各地域のFAJ  > 秋田サロン  > レポート  > 第33回定例会スペシャル企画:『みんなの学校』上映会&木村泰子先生講演会&ワークショップ NEW!!

レポート

第33回定例会スペシャル企画:『みんなの学校』上映会&木村泰子先生講演会&ワークショップ NEW!!

日時 

2016年9月11日(日) 10:00〜16:30

場所 

 秋田大学60周年記念ホール

講演会ゲスト

大阪市立大空小学校 初代校長 木村 泰子先生

企画  

あきたにムーブメントをおこす実行委員会&FAJ秋田サロン運営部

当日の様子 

講演会
『みんなでつくるみんなの学校〜いつもいっしょがあたりまえ〜』

 

*大空小学校での9年間は毎日が学び
*ハンデのある子が24時間、365日支援が必要なのは当たり前
本当に支援が必要なのはその日、信号を出しているハンデとか普通とかの枠ではないその子
*クレームや批判ばっかりしていても何も変わらない、大事なのは意見を伝えること、聴くこと
大事なのは、なぜそうなのかをとことん話し合うこと
*子供からも学ぶ、子供同士も大人同士も学ぶ、学びは一生続く
*学校が変われば地域も変わる、大空小学校がいい例
*大空小学校では何も特別なことはしていない、当たり前のことを続けただけ


ワークショップ
映画と講演会で感じたことをシェアしよう!   

 大空小学校特別授業
全校道徳『子供から信頼される大人ってどんな人・・・?』

優しい人、話を聴いてくれる人、ほめてくれる人、嘘をつかない人
一緒に遊んでくれる人、信用してくれる人、尊敬できる人、お金を稼ぐ人^^;

そんな大人になっていますか?
深い問いかけに考え込む参加者のみなさん。
〇☓△で意思表示・・・
答えられなくても責めない、待つ、そんな気持ちも大事。
全ての人が白黒つけられるわけじゃない、即答できるわけじゃない
 

参加者の感想


秋田にもこんな先生がいたらいいな
大阪のという都会の学校なのに素朴な子たちが育っていると感じた
まずは大人が変わるのが大事だと思った
自分ができることから何かをはじめたい
木村先生のような女性になりたい
元気をもらいました
学びはいつも自分の傍にある
担任している子供たちが愛おしく思える。明日からもっと笑顔で会えそう
障害を個性と捉える目を持つ
枠にはまった考えをしない
今いる学校を『みんなの学校』だという意識を持って作り上げていきたい
全国にこのような学校が増えたらいい




泡会での一コマ
こちらでも木村先生のパワー全開!なまはげもびっくり!

秋田にたくさんのパワーをくださった木村先生!
ありがとうございました。

 

page top

page top

Copyright(c). Facilitators Association of Japan. All Rights Reserved.