ホーム  > 各地域のFAJ  > 秋田サロン  > レポート  > 第34回定例会「インプロ体験?!コミュニケーションは言葉だけじゃない」 〜非言語コミニュケーション〜NEW

レポート

第34回定例会「インプロ体験?!コミュニケーションは言葉だけじゃない」 〜非言語コミニュケーション〜NEW

日時 

20161015(土)  13301600

場所 

ユースパル(中研修室B

MF

さくらばちゃん 

さざわさん(サブ)

企画  

FAJ秋田サロン運営部

参加人数 

従業者:1名 受益者:6名(うちFAJ会員3名、一般参加者3名)

 

合計:7

ねらい(アウトプット)

インプロの基本ルールを通じて、発想力・想像力や観察力・感応力、
ポジティブシンキング力 グループ内のチームワークの強化等、
総合的なコミュニケー ション スキルの向上を目指す。

目標(アウトカム)

「共感力;この人なら話してもいいかもと思わせる力」に気づく。

自分の対人関係での立ち居振る舞いや、初対面における他人との接し方で
自分がどのように発想に制限をかけているのか、自分のルールに気付く。

 

直感に従う事。感覚が問題解決したり、思考が問題解決自体を
邪魔している事に
気付く。 

 

 

内容

    はじめに                              

   「アイスブレイク」 「自己分析」自分の今のコミュニケーション能力に気づく

    

   インプロの説明

   初級編 「お絵かきワーク」

テーマ【赤いもの】、【丸いもの】

ルール…会話をせずに、一番目の人がイメージから
描き出したものを、
グループみんなでアイコンタクトや
ジェスチャーなどで探りながら
完成させる(一筆書き)
二巡したら終了


*終了後、グループ内で「振り返り」
…何を描いたか、どんな想像をしたのか、誰に合わせたか、
どこにゴールを持っていこうとしたか、など振り返る 

 

               

   インプロ効果の再説明

   初級編 「お絵かきワーク」

テーマ【季節の風景】

一筆書きで模造紙にメンバーで順番に描きあげる

15分間自由に描く、できるだけ話さない


*完成した絵に「タイトル」をつけて発表

 

 

 

   インプロ初級編 全員ワーク「ジェスチャー伝言ゲーム」

テーマ  擶親芦顱曄´◆擲惺察

ルール…声を出さずに相手のジェスチャーをまねて、
次の人へ伝える

*答え合わせ・誤認識の確認・振り返り

 

   今日の振り返り

アイスブレイク時の「自己分析シート」へ再記入

ワーク終了後の、コミニュケーション力度を
再確認。本日の感想や気づきをみんなでシェア

 

 MF さくらばちゃんからの感想(振り返り)

悩んで悩んで、プログラムを総入れ替えした甲斐があって
流れにまとまりが出来ていたと思います。
準備不足で最初は緊張していましたが、ワーク中に笑いが起こったり、ねらい通りに展開しているのを見てからは、少し落ち着いて
ファシリテーターが出来たと思います。
一緒にMFをしてくれたさざわさんがいてくれて、心強かったです。
彼女が小まめに連絡をくれたので、やらなきゃ、という気持ちを
保ち続けることができました。
参加者の皆さんも、初めてのインプロ体験に前向きに
取り組んで頂いたので助かりました。

 

サブF さざわさんからの感想(振り返り)

WSも途中退席したので、振り返りには参加出来ませんでしたが
ジェスチャーゲームのお題選びが難しいと思いました。

それから、自分に質問力(構成力)がないという事、
思った以上に客観力がない事にも気づかされました。

相手の良さを引き出すためには余裕が必要なので改めて
もう少し体を鍛えないとと思いました。

 

参加者からの感想(ふりかえり)

 会議のプログラムの何を伝えるか?
雰囲気作りも大切だと思いました。

〇自分の考えをまとめて人に伝えるためには
慣れることだと気づきました。

〇職場だけでなく、周りを巻き込む力をつけるために
ファシリテーション力が
必要。

〇会議にファシリテーションを取り入れたい。

〇話をまとめるために「イラスト効果」も必要と思い
グラフイックも学びたい。

page top

page top

Copyright(c). Facilitators Association of Japan. All Rights Reserved.