ホーム  > 各地域のFAJ  > 北海道支部  > レポート  > 2016年10月度 定例会【テーマ2】報告 『アンチ・グラフィック〜改めて考えるファシグラの効能と限界〜』

レポート

2016年10月度 定例会【テーマ2】報告 『アンチ・グラフィック〜改めて考えるファシグラの効能と限界〜』

2016年10月度 FAJ北海度支部 定例会報告 テーマ2
『アンチ・グラフィック〜改めて考えるファシグラの効能と限界〜』

【日時】 2016年10月1日(土)13:00〜16:30
【場所】 ちえりあ(札幌市生涯学習センター)2階、中研修室2
【話題提供者】 FAJ北海道支部 たろー(高田豊)、タカオ(佐藤貴啓)
【コーディネーター】えむ
                            #メインコーディネーターのイサムは、テーマ1を担当
【参加者】 ワーク参加者15名、話題提供者2名

【目的】
  「そもそも、多くの会議ではファシグラなんていらないんじゃない ?」という大胆な
  仮説に基づいて「そもそもファシグラって何のために必要なの?」「どんな時に効果が
  あるの?」「グラフィックも万能じゃないよね、限界ってどんな時?その時ど うする?」
  という根源的なテーマを探究していきます。

【内容】
アイスブレイク
  今日だけのニックネーム
  文字禁止のルールで名札を書き、あてっこしながら自己紹介。

仮説の説明 「会議の96%は箇条書きのみで成功する」

実験1(ごくごく普通の会議)
・模擬会議
  ルール:前半7分はGしちゃだめ、手元のメモのみ
               後半8分はGしてOK
・振り返り
  Gの効能と限界について考察する
  問い:メモとG、違いはありましたか?

実験2(箇条書き縛り)
・模擬会議
  ルール:Gは箇条書きのみ
                 文字、数字、強調 → ○
                 絵、図表、矢印 → ×
・振り返り
  Gの効能と限界について考察する
    問い1:箇条書き以外を使いたいと思いましたか?それはどんな時?
    問い2:箇条書きを各中で困ったことは?

実験3(FrのあるG、FrのないG)
・模擬会議
  ルール:F&G分業、F&G兼務、FなしGのみ、の3パターンから
              やりたい設定を選んで、グループ替え
・振り返り
  Gの効能と限界について考察する
    問い:議論の流れが大きく変わったことはある?
      あった → 誰のどんな言動が起因?
      なかった → どうすれば良かった?

まとめ
・ラウンドテーブルにて、各実験の振り返りの内容をシェア
・グループを変え、全体としての気付き、感想のシェア

■話題提供者から一言
【たろーさん】
カラフルで分かりやすく、芸術的とも言えるファシグラへの
アンチテーゼ(というか、そんな素敵なグラフィックの描けないたろーの嫉妬・ボヤキ)
から生まれた定例会でした。

タカオさんとの対話・議論・時には対立の中で生み出された仮説と実験。
参加者の皆さんは困惑されたかもしれません。
皆さんの現場での実践に少しでもお役に立てたなら幸いです。

アンケートやその後の泡の会の中で多くのフィードバックを頂きました。
今後タカオさんのライフワークとして、バージョンアップしていくはずです。
お楽しみに!

PS.定例会、久しぶりに話題提供してみて「企画する事の楽しさ、学びの多さ」を
改めて実感しました。
是非皆さんも機会があればチャレンジしてみてください!


【タカオさん】
ワークを企画する中で、「何を書く×誰のために書く」の9象限が
生まれ、それについて考察することで、そもそものグラフィックの効能、
ファシリテータとグラフィッカの関係性、自分のグラフィックの特徴が
生まれた経緯、などなど、グラフィックに対する認識を深めることが
できました。初めての話題提供で、ド緊張でしたが、参加者の皆さんの
優しい対応と、たろーさんの温かいフォローで、無事(?)ワークを
終えることができ、深い学びと大きな充実感を得ることができました。
皆さん、本当にありがとうございました〜。

■コーディネーターから一言。(えむ)
今回は、「そもそも、多くの会議ではファシグラなんていらないんじゃない ?」という
大胆な仮説に基に実験と実践を用いて、ファシグラが「誰に」「何に対して」効果を
発揮するのかを考えた。
グラフィックなしでの話し合いと、グラフィック有りの話し合いを比較する事により、
見える化の必要性について再認識をすることができた。
絵、図表、矢印の使用を禁じられることで、どのような時に必要となってくるかを
改めて認識することができた。
仮説に対しては、絵の散りばめられたグラフィックは必要ないが、
箇条書き・少しの記号・矢印だけで見えるかは十分であり、
自信を持って前に立ってみようと気持ちになれた定例会であった。


【参加者アンケート抜粋】
・箇条書きを極める
・グラフィックの本を読んでもっと勉強してみようと思った
・Gの効能と限界という方向から考えたことはなかった。
・自分に取り入れられる所から少しづつ実践していきたいと思う。
・グラフィックは場を促進する。場をコントロールする。
・FとGは両方あることでより効果が高まる。
・書けばいいと言うわけではなく、促進・創造を意識していくこと、
・箇条書きもっと効果的に活用したい。グラフィッカーの位置付けの明確化をして取り組むこと。

 

  

page top

page top

Copyright(c). Facilitators Association of Japan. All Rights Reserved.