ホーム  > 各地域のFAJ  > 中部支部  > ニュース  > 2016年12月17日(土)開催 中部支部定例会(第136回)開催のご案内(終了しました)

ニュース

2016年12月17日(土)開催 中部支部定例会(第136回)開催のご案内(終了しました)

無事、好評をいただき、終了しました。
ご参加いただきありがとうございました。

中部支部定例会(第136回)を、2016年12月15日(土)に開催します。
テーマは2つ、東桜会館と東生涯学習センターにて行います。場所のお間違えの無いようご注意ください。

赤テーマのご案内
テーマ:「感動の演出を生み出すファシリテーション

◆日時:2016年12月17日(土)13:00〜17:30(受付開始12:30)
◆場所:東桜会館
◆話題提供者:奥野 圭さん(JEDIS日本イベント業務管理士協会会長)
◆担当:上井 靖、西川千雅(FAJ中部会員)
◆定員:50名
◆非会員:2000円(学生1000円)
◆お試し参加の方は無料
 
内容:東京からお越しいただいた奥野さんから、TDLのイベント・ショーなどの演出をどのように生み出しているのかなどのお話を聞きます。
その後、多様な参加者がもっているファシリテーションの力を活かし、感動の演出を生み出すことにチャレンジします。
ふり返りで、駆使されたファシリテーションの可能性を探ります。
 
赤テーマの申し込みはこちらから


青テーマのご案内
テーマ:「アドラー心理学とF」

◆日時:2016年12月17日(土)13:00〜17:30(受付開始12:30)
◆場所:東生涯学習センター第2集会室
◆担当:星野利夫(数学大好きとしちゃん)
◆定員:12名
◆非会員:2000円(学生1000円)
 
内容:アドラー心理学とファシリテーションについて、語り合いませんか。
最終的には「アドラー心理学はファシリテーションに活用できるか(できるならばどうやって)」に向かい、皆さんと共に考えたいと思います。
 
(参加条件)
本テーマは、アドラー心理学の知識がある(*1)、かつ、ファシリテーションの知識がある(*2)方を対象とします。
(*1)以下の例1、または、例2を目安にご判断ください。
例1:「アドラー心理学とは何か」という問いに対し、具体例を用いて説明できる。
例2:アドラー心理学の書籍(例:「嫌われる勇気」)を読んだことがある。
(*2)以下の例3、または、例4を目安にご判断ください。
例3:「ファシリテーションとは何か」という問いに対し、具体例を用いて説明できる。
例4:ファシリテーションの書籍(例:「ザ・ファシリテーション」)を読んだことがある。 
 
青テーマの申し込みはこちらから
https://www.faj.or.jp/modules/contents/index.php?content_id=5540

【お願い】
FAJへの入会検討のために、一般(非会員)の方には、一回限り無料での定例会参加が可能です。
一般(非会員)の方の二回目以降の参加には、今月より参加費を頂くことになりました。
ただし、テーマによっては、会員のみの参加とし、一般の方の参加をご遠慮いただく場合があります。
また、テーマによっては、会員・一般(非会員)に関わらず、ワークショップの実費相当分を頂く場合がございます。
皆さまのご理解、ご協力をお願いいたします。

今月は両方とも初テーマです。多数の皆さまの参加をお待ちしております。


 

page top

page top

Copyright(c). Facilitators Association of Japan. All Rights Reserved.