ホーム  > 各地域のFAJ  > 新潟サロン  > レポート  > 2016年11月12日(土)新潟サロンFanii 2016年度11月例会「ファシリテーション 体験してみませんか!!」

ファシリテーション 体験してみませんか!!

2016年11月12日(土)新潟サロンFanii 2016年度11月例会「ファシリテーション 体験してみませんか!!」

 ファシリテーション 体験してみませんか!!


日時:2016年11月12日(土) 13:30〜16:30 


会場:新潟市万代市民会館


メインファシリテーター:今井 麻奈美、味方 信彰


例会企画担当:田中 裕輔、吉岡 邦夫


参加者:一般 13名、会員 8名(運営メンバー含む)


 


≪ねらい≫


・問題解決型ファシリテーションの4つのスキルを理解し、体験してみる。


・参加者の方へファシリテーションの成功体験の機会を提供する。


・模造紙やポストイットなどのアイテムを用いて、ファシリテーションを体験する。


・参加者全員がファシリテーター役を体験する。


 


≪グランドルール≫


・チャレンジしてみよう!(うまくやろうと思わなくてもOK!まずやってみる、が大事!)


・気づきを大切にしよう!(あっ!と思ったら学びのチャンス!)


 

 

≪プログラム概要≫


1.チェックイン


2.アイスブレイク(グループ分け、自己紹介、他己紹介)


3.ファシリテーションの4つのスキル、ファシリテーターの役割、ワークレクチャー


4.ワーク テーマ「育メンパパはなぜふえないのか?」


 ワーク 仝朕優錙璽 原因をポストイットに書き出す。


 ワーク◆.哀襦璽廛錙璽 ポストイットに書いたものを発表しながら共有。


 【ファシリテーター体験 1人目】 ポストイットをグルーピングし、分析する。


 【ファシリテーター体験 2人目】 グルーピングしたものから、解決策を考える優先順位を決める。


 【ファシリテーター体験 3人目】 優先順位に基づいて、問題点について解決策を検討していく。


 【ファシリテーター体験 4人目】 グループとしての解決策の提案を決め、模造紙を使い表現する。


5.各グループの提案発表


6.レクチャー まとめ、振り返りとプログラムの意図開き


7.ひとり一言感想の発表


8.クロージング、アンケート


 


≪本日の気づき≫


・ファシリテーターとして4月に比べて成長感じられた。


・合意形成の大切さ。でしゃばらないように。


・グループワークのプロセスが具体的で勉強になった。


・傾聴の重要性。


・プロセスにはいろんなものがあるということ。


・「ファシリテーター」と「参加者」の意識の違いをはっきり持つこと。


・いろいろな視点があること。しっかりプログラムを考えなければならないこと。


・プログラムデザインの大切さ→学びの深さ、楽しさ、成果につながる。


・たくさんの人でやると、思いつかなかった意見も出て、考えが豊かになる。


・メインファシリテーターのすばらしさ!!


・設計が大事。


 


≪本日の感想≫


・ファシリテーターやったらフィードバックタイムが欲しかった。


・面白い。楽しい。泡の会がない。


・体験と学びがたくさんありました。


・実践の場として非常に有用でした。


・考えさせられることや、発散できたこともあり、楽しかったです。


・楽しかった。成果もGood。学びも大きかった。


・初めての参加で新鮮でした。今後も参加したいです。


・スポットがチームの成果にあったのがよかった。


 


以上です。最後までお読み頂き、ありがとうございました。

page top

page top

Copyright(c). Facilitators Association of Japan. All Rights Reserved.