ホーム  > 各地域のFAJ  > 東京支部  > イベント案内  > 2016-12-17 (土) 東京支部定例会 テーマ3『災害・復興Xファシリテーション〜わたしたちにできること、普段からやれること〜』

イベント案内

2016-12-17 (土) 東京支部定例会 テーマ3『災害・復興Xファシリテーション〜わたしたちにできること、普段からやれること〜』

参加お申し込みは画面下部のフォームからご登録下さい。


東京支部定例会実施における基本方針

日時

2016年12月17日(土)13:00〜17:00
受付開始12:30

初心者・お試し参加者懇親会 12:40〜13:00
泡の会 (懇親会) 17:30〜20:30
 

※テーマによって、開始時間が異なる場合がありますのでご注意ください。
※くれぐれも、時間厳守でお願いいたします。
※キャンセルされる場合は、出来る限り早目にお申し出ください。

テーマ

テーマ3:『災害・復興Xファシリテーション
〜わたしたちにできること、普段からやれること〜』

→テーマ詳細

テーマ1の参加申込は→コチラ
 
テーマ2の参加申込は→コチラ
 
テーマ4の参加申込は→コチラ
 
定例会企画スタッフ専用登録は→コチラ

 

定員

30名
 

会場

北とぴあ 901会議室 >>>地図はこちら

住所:東京都北区王子1丁目11−1

※会場への直接のお問い合わせはご遠慮下さい。

 

最寄駅

JR京浜東北線 王子駅下車  徒歩2分
東京メトロ南北線 王子駅下車 直結
都電荒川線  王子駅前駅 徒歩5分 

参加費、持ち物

参加費:無料(FAJ会員、および、入会意志のある方のお試し参加)

  • 会員以外の方の参加は1回に限ります。2回目以降参加をご希望の方は入会をお願いします。⇒ 入会申し込み
  • お試し参加でもプログラム中は他の参加者と区別ありません。

持ち物:

  • 名札:名刺サイズの用紙にご記入いただき、首から掛けられるケースなどに入れてご持参ください。
  • 筆記用具:水性マーカー(裏写りしない水性多色ペン)
    (例)プロッキー、水性マッキーなど
    ※ペンにお名前を記載して下さい。
    お持ちでない方は備考欄にその旨記載してください。
  • なお、定例会当日に、復興支援室で作成した活動報告書を使用します。
    活動報告「ファシリテーション、わたしたちにできること」はこちらからダウンロードできます。
    冊子を入手希望の方は、会場で頒布しますのでコメント欄にその旨のご連絡と必要な冊数を記入してください。

お申し込み締め切り

2016年12月14日(水) 24:00
(締め切り前でも定員満席になった場合はその時点で締め切ります)

 

テーマ詳細

概要

今年4月に発生した熊本・大分地震から7ヶ月半が経過しましたが、1日でも早く、地域の皆さんが普段通りの日常を過ごせるようになれることを願っています。
また、先日、11月22日早朝には東北地震もありました。わたしたちはいつ、どのような場所にいたとしても災害やリスクに直面することを覚悟しておかなければならないのかも知れません。
そのような現場に直面することになったとき、あなたが日頃学んで実践しているファシリテーションスキルはどう役立つのでしょう?
ファシリテーターとして、あなたはその「活かし方」を具体的にイメージできますか?そのときあなたはどんな在り方でその場に向きあっているのでしょうか?その場に必要な基本的な知識というのもきっとあるはずです。どのような知識をもって、どのように行動すれば、より被害を少なくできるのか?ファシリテーションという視点で普段からこのような考え方を備えたりシミュレーションしておくことも必要ではないでしょうか。

この定例会では、東日本大震災や熊本・大分地震など被災地でのファシリテーションの実践例を話題提供者から紹介いただきます。こうした経験も参考にしながら、いつ来るかも知れない災害やリスク時に備え、ファシリテーターとしてわたしたちが地域や職場でできること、普段からやれることを探求してみたいと思います。

 

プログラム

1、オープニング: 自己紹介、目的と進め方の確認
2、災害時をイメージする :対話、チェックリスト、被災時の個人の体験
3、発災!その時あなたは? :ワークと対話)
4、災害・リスク時のファシリテーション
(東日本大震災や熊本・大分地震などでの災害復興支援室や個人の実践例)
5、ふりかえり

対象

リスク・災害時のファシリテーションや防災に興味のあるかた。
熊本・大分地震や東日本大震災におけるファシリテーション実践例に興味のあるかた。

企画キーワード

災害・復興支援

話題提供者・企画

話題提供者

鈴木まり子・遠藤智栄(ともにFAJ会員)

企画 

FAJファシリテーションサポート委員会 災害復興支援グループ

日本ファシリテーション協会の復興支援活動

日本ファシリテーション協会では、2011年3月11日に東北・関東を襲った地震・津波・原発事故の複合大災害からの復興に関し、地域コミュニティの再構築、および自治体や社会福祉協議会、NPO・NGO間のネットワーク強化などの領域において、ファシリテーションを活用したさまざまな支援を行うために、災害復興支援室を設置しました。
2016年4月から、災害復興支援室は持続可能な支援活動のために室を廃止し、専門委員会「ファシリテーションサポート委員会」の『災害復興支援グループ』として活動しています。

懇親会

定例会の前後に、懇親会を予定しております。

定例会前:FAJ初心者懇談会

定例会開始20分程前より、FAJに初めて参加される方を中心に気軽に立ち寄り会話や質問ができる場をセッティングしています。
FAJについて気になること、FAJでやってみたいこと、一緒にお話ししませんか?

  • 当日受付にて、FAJ初心者向け『懇談会』に参加する旨、お申し出下さい。
     

定例会後:泡の会

テーマ終了後、有志による「泡の会(懇親会)」を予定しております。

会場:きざみ 王子店
https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132303/13039731/
住所:東京都 北区 王子 1-9-15 LIBERTYBUILDING 4F
TEL:03-5390-4455
定員:60名程度
会費:3,000円

  • 泡の会はFAJの活動とは別という位置づけです。(特に会計上)
  • 集金総額とお店への支払総額に若干の差額が発生することもありますが、その差額は学生参加者(社会人学生除く)への補助とさせていただきますことをご了承ください。
  • 泡の会参加予定でご連絡なく欠席の場合、キャンセル料をいただく可能性がございます。あらかじめご承知おきください。 
     

東京支部へのご連絡

定例会キャンセルのご連絡先

お申込み後に参加が出来なくなった場合は、 必ずこちらのフォームよりご連絡をお願いします。

定例会は会員の相互研鑽の場です。
お申込み後、ご連絡なしに参加をキャンセルされますと、そのお席を他の会員の方にお渡しすることが出来ず、会員の参加機会の損失に繋がります。

また、「参加人数が確定できずプログラム進行に支障が出る」「欠席なのか、遅刻なのか区別がつかずプログラムの開始に困る」など、当日のプログラム運営にも大きな影響があります。

泡の会へのお申込みの場合につきましては、キャンセル料が発生する場合もございます。

何卒ご理解とご協力のほどお願いいたします。

定例会に関する(キャンセル以外の)お問合せ先

定例会参加にあたってのご質問やお問合せは、こちらのフォームよりご連絡をお願いいたします。

 

 

 



申し訳ございません。満席、または、申し込み締切期間を過ぎたため、このテーマの参加受付は終了しました。

他のテーマへ申し込みされるか、来月以降の定例会募集をお待ち下さい。
※キャンセル待ちはご遠慮いただいております。


page top

page top

Copyright(c). Facilitators Association of Japan. All Rights Reserved.