ホーム  > 各地域のFAJ  > 東京支部  > レポート  > 2016年度1月定例会 4『ファシリテーショングラフィック練習ジム』

レポート

2016年度1月定例会 4『ファシリテーショングラフィック練習ジム』

 

事業内容 調査研究:東京支部 2017年1月度定例会
テーマ ファシリテーショングラフィック練習ジム
開催日 2017年1月28日(土)
会 場 北とぴあ 9階 901会議室
講師・
ファシリテーター
増平貴之(FAJ会員) 1名
企画運営担当
チームFGYM(以上FAJ会員)
5名
参加者数(会員) 19名
一般・見学者数 2名
テーマ詳細
プログラム内容
担当者振り返り
参加者コメント
など
【概要】(告知文より)

ファシリテーショングラフィック(ファシグラ)は、議論を描いて見える化し、話し合いを促進する技術です。
ファシグラ上達には、知識×場数。たくさんのトレーニングが有効です。
描き、振り返り、参照し合うことで、あっそうだったのか! 明日はこうしよう! を持ち帰っていただくワークショップです。
今回は全編、ホワイトボードでかいていみます!!
是非、ご参加ください!!!


【プログラム】
12:30開始
1.OARRとファシリテーショングラフィックとは
2.アイスブレーク(ペンの持ち方、自己紹介)
3.ワークA、描きとり・比べてみるワーク
4.ワークB、チャレンジワーク(模擬会議)  
*8つのテーマから、選んで実施
*適宜、グループシェア、感想発表
5.明日やろうよmy will(一日を振り返る)
6.クロージング
16:45終了


【参加者ふりかえりコメントより抜粋】
ワークの内容、時間配分すべてよかったです。また、参加したいです。
コツを教える時間があってもよい。
もっと技術的なインプットがあるとよい。
全体共有に時間がとれるともっとよい。
すばらしい進化したファシグラだと思いました。
自分の目標を適宜、確認するとよい。
レクチャーや勘所を教えてほしい。


【メインファシリテーター振り返り】
今回、ホワイトボードで全編実施にチャレンジをした。
やはり、模造紙とは違い、ホワイトボードでの良い点がいくつかあった。
今後のテーマとして、ホワイトボードを使った利点、欠点等を調査研究のテーマとすることも検討したい。

報告者 川井 隆史
報告日 2017年3月7日
その他特記事項
 
←前のレポート レポート一覧 次のレポート→

 

page top

page top

Copyright(c). Facilitators Association of Japan. All Rights Reserved.