ホーム  > 各地域のFAJ  > 四国サロン  > レポート  > 第88回例会 『家族でワールドカフェ「我が家のルールを作ろう」』in高松

レポート

第88回例会 『家族でワールドカフェ「我が家のルールを作ろう」』in高松

例会の詳細

テーマ

『 家族でワールドカフェ「我が家のルールを作ろう」』

ファシリテーター

ショーン(FAJ四国サロン会員、共働き歴12年、4児の父)

日程

2017年2月19日(日)10:30〜12:00

会場

香川県 エナジーサロン(高松市常磐町1丁目3-1瓦町FLAG 9F)

レポート


レポート(参加者:さとの感想を交えたレポートです)

赤ちゃんを連れた夫婦、親子、1人参加という構成で始まりました。
FAJ四国サロンの説明、子育てネットひまわりの説明、コラボ企画の説明がありました。
 

ソファでくつろいでいたりとゆるっと、始まりました。
家族単位で、全員自己紹介(お名前、子どもの月齢、どこから来たか、マイブーム)しました。
家族単位で、「良かったこと続けたいこと」を家族で話し合って(1人参加は自分で考えて)、A3用紙に書きます。
次に、「ちょっとしたなんとかしたいこと、やりたいけどやれてないこと」を家族で話し合って(1人参加は自分で考えて)書きます。
赤ちゃんは寝てしまいました。お父さんの胸で寝ている赤ちゃんがかわいい。もうひとりは子育てネットひまわりスタッフの胸で寝てました。
赤ちゃんが居たのに、進行に影響しないというとても良い赤ちゃんたちでした。


次に、「やってみたいこと、チャレンジしたいこと、目標にしたいこと」を家族で話し合って(1人参加は自分で考えて)書きます。
交流タイムです。
他の夫婦はどんな感じかなと見せ合いっこし、「これはどんなこと?」「うちもしてる」等話し合いました。
親子と1人参加チームも見せ合いっこし、意見交換しました。
自分の場所に戻って、修正、追記します。
「何かしようひとつかふたつ」を家族で出します。
その出した項目について「KPT」しよう。
ショーンさんのゴミ出し例が深いなあと思いました。
「役割はきっちり決めない方がいいよ」のアドバイスやショーンさんの家庭での体験談がお父さんたちのハートを捉えていたようでした。


アンケート記入し、ひとこと感想をいただき、終了しました。
アンケート回答より
家族(親子)でも参加できる例会があるのは 家族メンバーにもファシリテーションを体験する機会として良いと思います。
お互い思っていること、現状を知ることが出来て良かった。
役割分担とルールにおいてまだまだ解決していく課題があることが分かりました。
貴重なお話、大変ありがとうございました。早速、家庭で活かしていきます。今後もこのような機会があれば、参加させていただきたいと思います。
という意見がありました。
家族参加で冷静に話し合う機会の提供になったことがうれしかったです。ファシリテーションを家庭で使える機会が増えるといいですね。
 

page top

page top

Copyright(c). Facilitators Association of Japan. All Rights Reserved.