ホーム  > 各地域のFAJ  > 秋田サロン  > レポート  > 第39回定例会『年度を振り返る!技を使って2017年度へつなごう』

レポート

第39回定例会『年度を振り返る!技を使って2017年度へつなごう』

日時

2017年3月16日(木) 18:3021:00

場所

サブウエイ秋田キャッスルホテル店

参加者

  従事者1名 

  受益者5名(うちFAJ会員2名一般3名)

   合計6名 

 

内容 

1)  アイスブレイク 面白エピソードから出来事のとらえ方を学ぶ

みきみき面白エピソード・・・ホテル編・ほたてご飯編

2)『振り返り』についてちょこっとレクチャー

 

 

3)   2016年度を各自で振り返る(付箋を使ってブレーンストーミング)
印象に残っていることを事実のみ記述

4)共有タイム

5)フレームワークを使って付箋を整理する
喜怒哀の3つに分けて整理してみよう


6)共有タイム 
どんな感情の振り返りが多い?
そこから見える自分自身の振り返りのポイントは?
ほかの人の振り返りを見て感じることを共有する。

7)本日の全てのワークを振り返る
3軸で考えをまとめてみよう


 

参加者の感想


【振り返り】はいろいろな技があるという気づきが新鮮だった。
2016年の振り返りがいい感情が多くてよかった。
個人的なことを、じっくり振り返ることがなかったのでいい経験だった。
振り返ることで、次に進むことが現実的に考えられそうな気がする。
初対面の方々と、リラックスして話ができて楽しかった。
家族とフレームワークを使って話し合いをしてみたい。

ネガティブな振り返りも、捉え方によってポジティブに変わることができるのだと感じた。
仕事柄進行役やファシリテーター的な仕事が多いのでファシリテーションや話し合い進め方について学びたいと思った。
 

MFせーこの振り返り
 

始めに、個人の出来事を事実のみ振り返るという作業をしてもらいました。
皆さんを見ていて、実は当時マイナスの感情もあったかもしれないことも
可視化することや人に話すことにより、いい経験だったと思えてきたことが
多かったのではないかと感じました。

それを糧にして行動や、やりたいことを具体的に考えられることの面白さを
実感していただけたいたらいいなと思ってプログラムを構成しました。

PR不足等により参加者が少なかったのですが、少数なりに深くじっくり考えて
話せたのでいい時間になったかなと思います。

page top

page top

Copyright(c). Facilitators Association of Japan. All Rights Reserved.