ホーム  > 各地域のFAJ  > 富山サロン  > レポート  > ★Faj富山サロン 2017年4月 例会レポート★

レポート

★Faj富山サロン 2017年4月 例会レポート★

-------------------------------------------------------------------
★Faj富山サロン 2017年4月 例会レポート★
-------------------------------------------------------------------
◆開催概要
テーマ:「ファシリテーターとしての質問力の使い方を鍛えよう」
日時:2017年4月1日(土) 13:30〜17:00
場所:高岡市生涯学習センター ウィングウィング高岡5階 研修室503
メインファシリテーター:ゆりさん[中西百合](FAJ東北支部)
参加人数:19名

◆案内文
「質問力」というと、どんなことを思い浮かべますか?
授業、面接、ヒアリング、カウンセリング、会議・・・。
いろいろな場面での「質問」があると思いますが、
今回の例会では「ファシリテーションにおける『質問力』」を
みんなで考えていきたいと思います。

ファシリテーターはその場の雰囲気を瞬時に読み、
場にあった質問することで話し合いを深めたり、広げたりすることも必要です。
どんな質問が話題を深めてくれるのか、どんな質問が話し合いを促進してくれるのか。
今まで「質問の力」について、考えたことのなかった方も、ぜひ、ご参加ください。

◆当日の進行
13:30 オープニング共有



17:00 終了


◆メインファシリテーター、企画側の感想


◆参加者の感想(アンケートより)
・質問の高さ、深さ、広さという考えが良かった。
・質問とは、視点+言葉表現のことだ。
・質問で話し合いの雰囲気が変わる。高さ、深さ、広さを意識すると質問が変わる。
・質問だけで、話し合いは成り立つ現場を外から見れたことが良かった。
・「質問の高さ、低さ」とは結局、何なのかさっぱりわからなかった。人によって解釈が違っていたし、解説が不十分で不完全燃焼でした。
・何を意図してのワーク化もう一歩理解してから、やってみたかった。
・話を聞くときの視点が増えたのかなと思うので、まずは意識してみたいと思います。
・これから質問を行うとき、内容を口にする前に、頭で精査することを心がけることをやっていきたい。

  

page top

page top

Copyright(c). Facilitators Association of Japan. All Rights Reserved.