ホーム  > 各地域のFAJ  > 富山サロン  > レポート  > ★Faj富山サロン 2017年2月 例会レポート★

レポート

★Faj富山サロン 2017年2月 例会レポート★

-------------------------------------------------------------------
★
Faj富山サロン 2017年2月例会レポート★
-------------------------------------------------------------------
◆
開催概要
テーマ:「コーチングストラクチャーを使ってやる気と行動を引き出そう」
日時:2017年2月4日(土) 13:30〜17:00
場所:高岡市生涯学習センター ウィングウィング高岡6F男女平等推進センター会議室

メインファシリテーター:あゆみん(ひびのあゆみ:FAJ会員)
参加人数:11名
◆案内文

模擬テーマや一般的なテーマを扱うよりも
実際に起こっている身近な自分自身のテーマの方が
真剣になれて面白い上に具体的行動に移しやすいのではないでしょうか。

ということで
今回はみなさんが実際に叶えたい目標や
解決したい問題を取り扱い、
一人ではなくグループで考えてみましょう。
自分の課題だけではなく
人の課題を真剣に考えることでも学びが多くあります。
その際にコーチングのストラクチャーにそってやっていただきます。
ストラクチャーとは「構造」という意味で
わかりやすく言うと対話の流れのことです。
通常コーチングは1対1で行いますが
グループで行うときも同じです。
さらにファシリテーションならではの
自分だけでなく他のみなさんのアイデアや
グループダイナミクスも期待できます。

◆当日の進行
13:30 オープニング

コーチングストラクチャーのレクチャー

4人グループになり1人の課題を3人がストラクチャーに沿って質問していく

これを4名繰り返す
17:00 終了
◆メインファシリテーター、企画側の感想


◆参加者の感想(アンケートより)
・いい質問は質問された人の顔をか軽くすると感じました。
・コーチングストラクチャーに沿って相談にのるだけで思いがけず相手が解決法を自分でみつけてくれることを経験できた。

・個人の問題をチームメンバーみんなで考えることでチーム力の強化にもなると感じた。
・(印象に残ったこと)「目標が明確であること」と「行動」の関係ぼやっとしてると行動にうつしていない。
・現状把握ではできていない点ではなくできている点、うまくいっている点を確認することが大事

・コーチングの手法はファシリテーションにどんどん使えるなと思いました。
   

 

page top

page top

Copyright(c). Facilitators Association of Japan. All Rights Reserved.