ホーム  > 各地域のFAJ  > 秋田サロン  > レポート  > 第42回秋田サロン定例会『ミスを減らしポジティブな気持ちになろう』NEW

レポート

第42回秋田サロン定例会『ミスを減らしポジティブな気持ちになろう』NEW

日時

2017年6月17日(土) 13:30〜16:00

場所

秋田県青少年交流センター(ユースパル)

 

参加者

  従事者1名 

  参加者8名(FAJ会員4名 一般4名)

   合計9名 

 

プログラム内容

1)アイスブレイク 自己紹介&ミスの告白

 
2)ミニレクチャー
ミスとは何か?なぜ起こるのか?
Fのスキルを使って減らせるのか?

 3)例題から考える
電話での伝言の受け取り方、伝え方
メールの送り方…約束の送信時間間際に気が付いたミスについてどう対処する?

4)ミスをした時の状況と気持ちをグループで共有
防ぐには?の話し合い発表


 

成果品

5)振り返り

 

参加者の感想


ミスをすることについて初めてじっくり考えた。

ミスをしないようにすることも大事だが、ミスしてからの対応も大事だと思った。

学生なのでまだ職場でのミスはよくわからないが、これから社会人になるにあたり
いい話し合いに参加できた。

コミュニケーションがうまくいっている場であれば、ミスが起きても協力し合ったり
起きないように努力したりできるのではと思った。

初参加でしたがいい刺激を受けました。また来たいです。


MFオサムさんのふりかえり

“『ミス』を減らす” は、今、自分の最も関心のあることの一つ。
この『ミス』をファシリテーションのスキルを使って減らせないか。
という想いで取り上げたテーマでした。

力を入れた主な部分は2箇所。一つ目は、始まりから終わりまで『つながり』『一貫性』が保たれていること。アイスブレイクが『起』、ミニレクチャー&ミニトレーニングが『承』、グループワークが『転』、振り返りが『結』を目指し取り組みました。

2つ目は、学生も参加されるということもあり、実際のビジネスで『ミス』が発生しやすい場面を想定したワークに趣向を凝らしました。

反省点は沢山。その中でも準備不足や問いかけ・促進の不十分が一番のマイナス部分。
時間もオーバーする羽目に。


次回までの課題は、「準備万端で臨むこと」と「促進する言葉がけ」。
この2つを最優先に考えていきます。


みんなからふりかえり付箋を貼ってもらったMF

 

page top

page top

Copyright(c). Facilitators Association of Japan. All Rights Reserved.