ホーム  > 各地域のFAJ  > 東京支部  > イベント案内  > 2017-09-23 (土) 東京支部9月定例会のご案内

イベント案内

2017-09-23 (土) 東京支部9月定例会のご案内

2017年9月23日(土)に開催する9月定例会各テーマのご案内です。

会場: 北とぴあ (東京都北区王子1丁目11−1)
 

テーマ1 『ファシリテーショングラフィック 図解フレームでかいてみよう!!』

概要

申込

テーマ2 『はじめのい〜〜っぽ・第43回』

概要

申込

テーマ3 『エグゼクティブコーチング特別ワークショップ』

概要

申込

テーマ4 『哲学対話から見たファシリテーション 〜自由に考える場の作り方〜』

概要

申込

テーマ5 ファシリテーションと災害復興〜身近な現場でFはどう使われるか〜

概要

申込

  

テーマ1

『ファシリテーショングラフィック 図解フレームでかいてみよう!!』

ファシリテーショングラフィック(ファシグラ)は、議論を描いて見える化し、話し合いを促進する技術です。
今回はファシグラの中でも図解と図解フレームに着目して、一緒にトレーニングしてみませんか?
図解フレームで整理することで議論の中の抜け、漏れが確認できたり、どんな議論になったかを俯瞰するこができます。

でも、フレームの使えるとカッコいいけど難しい。。。。
と思ったことありますよね。

参加者同士で学び、自分の現場でグラフィックをするときのヒントを見つけてもらう場です。

描き、振り返り、参照し合うことで、あっそうだったのか!
明日はこうしよう! を持ち帰っていただくワークショップです。
是非、ご参加ください!!!

  • ファシリテーター(または話題提供者):増平貴之/保谷朋子(FAJ会員)
  • 定員: 40名

 

テーマ2

『はじめのい〜〜っぽ・第43回』

本テーマは「ファシリテータ未経験者や経験の少ない初心者」が対象です。
「本やセミナーで学んだけれど実践の機会がない」「何度かやってみたけど出来ているのか不安」という方はぜひ!
安心安全な場でファシリテータとしての「はじめの一歩」を踏み出しませんか?
「以前参加した」という方も歓迎です!

  • 企画チーム:いっぽチーム
  • 定員: 20名

 

テーマ3

『エグゼクティブコーチング特別ワークショップ』

企業経営者向けコーチングのプロであり、オットーシャーマー著「U理論」の翻訳者でもあるIdeal Leaders株式会社ファウンダー永井恒男氏による特別ワークショップ。
経営者の悩みとその解決策を多彩な事例をもとに紹介。企業経営やコーチングに関心があり、ファシリテーションとの関係性について考えてみたい人向けの本格ビジネスワークショップ。

  • ファシリテーター(または話題提供者):前田卓也(FAJ会員)
  • 定員: 50名

 

テーマ4

『哲学対話から見たファシリテーション 〜自由に考える場の作り方〜』

東京大学の梶谷慎司先生をお招きし、哲学対話の体験を通じてファシリテーションと場について考え合います。哲学対話とは、共に問い、考え、語り、聞くこと、そうして他者と共にいながら各自が考えを深め、広げることです。哲学の知識は必要ありません。もっとも大切なのは、何でも言っていい自由と、相手の言葉を受け止める寛容さです。哲学対話のファシリテーションとは、この二つ――発言の自由と相互の承認――が実現する環境を作り、守ることです。

  • メインファシリテーター 梶谷慎司(東京大学教授)
  • 企画者 豊 昌樹(FAJ会員)
  • 定員: 20名

 

テーマ5

『ファシリテーションと災害復興〜身近な現場でFはどう使われるか〜』

昨年5月の熊本地震(嘉島町)、本年7月の九州北部豪雨(朝倉市)での話し合い現場にFAJとして支援に関わった事例を紹介。この経験から災害現場でどのようにファシリテーション(F)が活用されたかというプロセスに着目します。一見Fが入りにくそうに見える自分たちの身近な現場でFを使うときのヒントを一緒に探求します。

  • 企画:ファシリテーションサポート委員会 災害復興支援グループ

 

page top

page top

Copyright(c). Facilitators Association of Japan. All Rights Reserved.