2018年12月9日(土) 『居心地の良い学び場の作り方』沖縄サロン

◎日時
2018年12月9日(日) 12時30分〜16時30分 (受付開始 12時00分)

◎会場
まりりんぎのわん(宜野湾マリン支援センター)会議室大

◎テーマ
『居心地の良い学び場の作り方』

◎目的
居心地の良い学び場のつくり方を共有し、技術として持ち帰る

◎参加者
会員6名、非会員23名、学生1名、合計30名

ファシリテーションの勉強会に参加した回数は? 人数
1回(初めて) 8
1回〜2回 6
3回〜5回 2
6回以上 12
不明 2

◎担当
 小林政文

◎報告者
 小林政文

◎内容

1)インストラクション(30分)
  ・今日の流れの共有
  ・MFの自己紹介
  ・FAJの説明(組織について、運営について)
  ・ファシリテーションについての簡単な説明
  ・今日の目的の共有
  ・今日の役割の共有

2)ワーク①(30分)
  ・・4つの窓(席替えアリ)
  ・・チーム分け
S__110534658.jpg

3)ワーク②(60分)
  ・グループインタビュー(あなたが考える良い学び場のつくり方とは?)
S__110534659.jpg

4)ワーク③
  ・まとめ(〇箇条のように技術として使えるようにまとめる)
S__110534660.jpg

5)ふりかえり
  ・今日の気づき

◎MFの所感)
 例会への初めての参加が8名、1~2回の参加が6名であったため、インストラクションには気を付けた。
 参加者の経験の中から場を作るためのノウハウを抽出することを目的としていたため、
  ワーク①では普段考えていることや経験を様々な共有し、その後のグループ分けの参考にした。
  ワーク②では普段の場を作るための技術を本人が自覚していないこともあると仮定し、インタビュー形式(20分)でそれぞれの良い学びのつくり方を引き出した。
  ワーク③ではワーク②でそれぞれから引き出したノウハウをまとめた。

 ワークの中で良い学び場がどんな場であるかの共有や参加者自身・同士のノウハウの共有は進んだが、一般化するためにはもう少しやれることがありそうだ。
 今後また挑戦してみたいテーマとなった。

【アンケート結果】

1.性別

  • 男性:2名
  • 女性:3名

2.年代

  • 50代: 5名

3.職種

  • 公務員:2名
  • 会社員(事務系):2名
  • 派遣社員・契約社員・嘱託社員:1名

4.お仕事の分野または内容を具体的にお教え下さい。

  • 市民活動支援
  • 事務、地域との連携強化担当
  • 企画運営
  • 事務職
  • 観光関連

5.今回を含めて、ファシリテーションの勉強会や研修に参加した経験(回数)は?

  • 1回(初めて):1名
  • 2~3回:1名
  • 4~6回:1名
  • 7回以上:2名

6.今回の例会を何で知りましたか?

  • 沖縄サロンメーリングリストで:4名
  • その他:1名

7.例会へ参加しようと思った理由について教えて下さい。

  • グループインタビューは、グループにお任せする分、ゴールの形に差が出るように感じたこと。
  • ファシリテーション グラフィック、ホワイトボードの活用、参加される方の職種の多様さ
  • 居心地の良さは人それぞれであるが、共通しているのは安心できる場であること
  • ずっと頭を使ってとても刺激がありました
  • 「居心地のいい」について考えさせられました

8.今回の例会にて「活用できそう」と思った点があれば教えて下さい。

  • 年明けに、グループインタビューの実践を計画していたので、上記の点を踏まえて工夫してみたい。
  • ホワイトボードの使い方、グランドルール、ワークの運営、ワークの共有化
  • 見える化すること
  • プロッキールーレット
  • 安心できる場づくりのために「見える化」する

9.今後、例会で取り上げて欲しいテーマはありますか?

  • 今回の冒頭にご説明頂いたような、ファシリテーションの基礎的スキル。
  • ファシリテーショングラフィック

10.FAJ沖縄サロンの運営についてご意見、ご感想などあればお書き下さい。

  • 毎回、お忙しい中、企画運営いただき、ありがとうございます。
  • いつもお世話になっています、できるだけ参加させていただければと思ってます。よろしくお願いします。

11.最後に一言ありましたら、ご記入下さい。

  • 重ねて、ありがとうございます。
  • 居心地の良い学びの場を作るということに対して、いろんな人の話を聴くことで自分ができていないことが少し分かりました。ありがとうございました。
  • 変わっていく「居心地の良さ」について考えています、難しいテーマではないかと。今回もありがとうございました。