フェロー

※フェローは、外部団体との連携や広報、理事・運営委員への助言やノウハウ継承のために活動していただいています。

池田 隆年(いけだ たかとし)

FAJ発起人のうちの一人。理事、事務局長などを勤め上げ、現在「ふつうのおじさん会員」。
ロールモデルは植木等。年少期からスーダラ節に親しみ研鑽を重ねた。
HPにコラム「社会関係資本とファシリテーション」を連載したが、あまりのお気楽な文章にあきれられた。スイスイ

メッセージ

西調布というところで小さなカフェを営業するようになって、なかなか活動に参加できませんが、微力ながら地域でファシリテーションの普及に努力してまいります。


uid000001_20110204190105eeebd346.jpg

加藤 彰(かとう あきら)

(株)日本総合研究所にて経営コンサルティングに従事。主にビジョン策定、新規事業開拓、組織変革支援、様々なワークショップ/参加型研修の企画運営に携わる。
主著に『ロジカル・ファシリテーション』『ファシリテーション・グラフィック』。

メッセージ

ファシリテーションの普及、そして、我々ファシリテーターのスキルアップに向けて、難しいことを少しでも易しい言葉で表現する、「それは暗黙知だよね」と言われ諦められていることを少しでも言語化する、より効果的で楽しめるトレーニング方法を編み出す、そしてそれを皆でやってみる――そんなことに尽力していきたいと思います。


uid000001_2011020419024711a47dc1.jpg

香取 一昭(かとり かずあき)

マインドエコー代表。IAF Japan理事、ATDジャパン理事。1967年電電公社(現在のNTT)に入社。
米国ウイスコンシン大学でMBA取得。ニューヨーク事務所、仙台支店長、グループ会社社長などを歴任し、学習する組織の考え方による組織変革を推進。現在は、ホールシステム・アプローチを活用した組織変革やコミュニケーション活性化に従事。

著訳書に「ワールドカフェ」「ワールドカフェをやろう!」「フューチャーサーチ」「ラーニング・ファシリテーションの基本」などがある。

メッセージ

2003年に入会してから随分と色々学ばせていただいています。ワールド・カフェ、OST、フューチャーサーチ、AI、ダイアログなどホールシステム・アプローチの諸手法、プログラムデザインのフレームワーク「SPACE」、ODプロセスの設計、オンライン・ファシリテーションなどを得意としています。

また、IAF(国際ファシリテーター協会)やATD(Association of Talent Development)、日本マーケティングリサーチ協会など関連組織との橋渡しとしてお役に立てればと考えています。


加留部(円形).jpg

加留部 貴行(かるべ たかゆき)

1967年福岡県出身。九州大学法学部卒業後、西部ガス㈱入社。
2001年に福岡市へNPO・ボランティア支援推進専門員として2年半派遣。
07年から九州大学へ出向し、ファシリテーション導入を通じた教育プログラム開発などを担当。企業、大学、行政、NPOの4セクターを経験した「ひとり産学官民連携」を活かした共働ファシリテーションを実践。
11年4月に独立。現在は、加留部貴行事務所AN-BAI代表、九州大学大学院統合新領域学府客員准教授。

著書に『チーム・ビルディング』、『教育研修ファシリテーター』(いずれも共著・日本経済新聞出版社)など。

メッセージ

主に行政分野を対象に活動し、「住民と住民」(まちづくり)、「住民と職員」(多職種連携)、「職員と職員」(職場のチームづくり)の協働(共働)を通じて多様な人々の関係構築や相互理解を進めていく対話の場づくりに取り組んでいます。少子高齢社会の中で答えや正解のない「未経験ゾーン」を乗り越えていくために、ファシリテーションを活かして老若男女・産学官民・全国各地の多様な人々による有機的なつながりをこれからも創り続けたいと考えています。


uid000001_20110204190326b753cf0d.jpg

黒田 由貴子(くろだ ゆきこ)

ソニー(株)、米系大手経営コンサルティング会社を経て、1994年に株式会社ピープルフォーカス・コンサルティングを創業。2012年3月まで代表取締役を務める。
アステラス製薬 (2010-2014)、CAC Holdings (2011-)、丸紅 (2013-) ならびに三井化学 (2015-) の社外取締役に就任。
また、認定NPO法人JEN (Japan Emergency NGOs) の代表理事を務め、国際的人道問題に関連する活動も行っている。

『ファシリテーター型リーダーの時代』(プレジデント社)ほか、ファシリテーションや組織開発に関する著作多数。

メッセージ

FAJができてはや15年。当初の目的だったファシリテーションの普及から、ファシリテーションの質が求められる時代になってきたと感じています。皆で切磋琢磨していきましょう。


uid000001_20110204190339fbf62370.jpg

菅原 裕子(すがはら ゆうこ)

人材開発コンサルタント ワイズコミュニケーション代表取締役
NPO法人ハートフルコミュニケーション代表理事

社員一人一人の能力を開発することで、組織の変化対応力を高めるコンサルティングを行う。
仕事の現場で学んだ「育成」に関する考えを子育てに応用して、「ハートフルコミュニケーション」を開発し、全国のPTA、地方自治体による講演会で紹介。
また、それぞれの生活の中で、ハートフルコミュニケーションを伝えられるハートフルコーチを養成し、日本中の親たちの子育てや自己実現を援助する活動を展開中。

著書に『コーチングの技術・上司と部下の人間学』(講談社現代新書)『「やる気」のコーチング』(PHP)『子どもの心のコーチング』『子どもの心のコーチング・実践編』『思春期の子どもの心のコーチング』(以上リヨン社)など多数。

メッセージ

ビジネスの現場において、またPTAでの話し合いや、様々なボランティア活動の場においてファシリテーションスキルはますます求められています。特別なことではなく、だれもが使えるコミュニケーションスキルとして世の中に紹介していきます。


uid000024_20111107233116d73806e5.jpg

鈴木 まり子(すずき まりこ)

子どもの頃、ボランティア活動を通して、ワークショップと出合う。人事労務コンサルタント会社を経て独立。現在は、企業、行政、学校、医療、NPOなど多様な分野において、ひとりひとりが「尊重され、存在できる場づくり」を目指して会議や話し合いを進行している。東日本大震災以降は、災害復興支援グループのメンバーとして、被災地の要請に応え多様な話し合いを支援し続けている。
法政大学、静岡産業大学兼任講師(ファシリテーション論。ファシリテーション演習)

共著『ファシリテーション〜実践から学ぶスキルとこころ~』岩波書店
ビーネイチャースクール講師

メッセージ

多様な人々が、お互いの価値観を尊重し合いながら、「楽しく」「いきいきと」「希望を持って」
暮らしていくことができる社会を創りたいと思います。そのためには、一部の人が学ぶファシリテーションではなく、日々の暮らしの中でお互いに何気なく活かせるようなファシリテーションを広げていきたいと思っています。


ちょんせいこ丸.png

ちょん せいこ

株式会社ひとまち代表取締役。
「ホワイトボード・ミーティング®」という手法を確立し、 議論を描き話し合いを活性化させ質の高い成果につなげる活動を積極的に展開している。ビジネス、教育、医療、福祉、まちづくり、ボランティアなど幅広い領域でファシリテーターの養成に取り組む。

著書

・話し合い活動 ステップアッププラン: ホワイトボードで学級が変わる!!
・ファシリテーターになろう! ―6つの技術と10のアクティビティ―
・人やまちが元気になるファシリテーター入門講座―17日で学ぶスキルとマインド他多数

メッセージ

豊かな対話で、誰もが自分らしく幸せに生きる社会を実現する。そのためには、子ども〜大人まで、みんながファシリテーターになろう。そんな思いで日々、取り組んでいます。オピニオンリーダーであるFAJの一員として、みなさまと共に歩めることを嬉しく思います。よろしくお願い致します。


徳田(円形).jpg

徳田 太郎(とくだ たろう)

1972年、茨城県生まれ。2003 年にファシリテーターとして独立、市民活動や 地域づくり、医療や福祉、教育や文化などの領域を中心に、年間 200日以上のセミナーやワークショップを実施している。

NPO法人日本ファシリテーション協会では、事務局長、会長を経て、現在フェロー。また、ウニベルシタスつくば代表幹事として、つくば市民大学 (2009 年~ 2018 年) の企画・ 運営 に携わった 。 その他、東邦大学理学部・文教学院大学人間学部非常勤講師、Be -Nature Schoolファシリテーョン講座講師など。

著書に『ファシリテーションが会議・組織社を変える』『「学びあいの場」つくりかた』。

メッセージ

話しあいを通じて思いや考えを交換し、じっくりと考え、さらに話しあうことで、お互いに少しずつ変化していくこと。これこそ、デモクラシーの根幹です。そのような話しあいを支援・促進するファシリテーターは、まさに「デモクラシーの推進役」であるといえるでしょう。ともに話しあいの地平を拓き、わたしたちの社会をつくり・かえていきましょう。


uid000001_20110204191346c0788517.jpg

中野 民夫(なかの たみお)

東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授、ワークショップ企画プロデューサー。
東京大学文学部卒、広告会社博報堂に30年間勤務。途中、休職留学し、カリフォルニア統合学研究所(CIIS)で組織開発・変革学を学ぶ。以降、Be-Nature Schoolなどで、人と他者・自然・自分自身をつなぎ直すワークショップやファシリテーション講座を多数実践。2012年から同志社大学教授を経て、2015年秋から現職。大学での参加型授業の実践を展開。

著書に『ワークショップ』『ファシリテーション革命』『みんなの楽しい修行』、共著に『対話する力』、近著に『学び合う場のつくり方』等。

メッセージ

今は東京工業大学の教員として、人としての教養を広げるリベラルアーツ教育やリーダーシップ教育にファシリテーションを応用し、「教える」より「学び合う」場を創ろう!と、学習者中心の場を目指して教育のイノベーションに奮闘しています。大教室でも小グループを作り、対話促進ツール「えんたくん」を活用し、できるだけ輪になって話せる場を調え、問いを熟考するなどの工夫を重ね、大勢の教職員と協働する中で、着実な手応えを感じています。創造的な対話から新たな気づきや発見が生まれる面白さを身につけた若い世代が、あちこちで話しやすい場づくりを自然にできる支援型のリーダーシップを発揮してくれることを楽しみにしているところです。


野村さん円.png

野村 恭彦(のむら たかひこ)

株式会社フューチャーセッションズ 代表取締役社長。金沢工業大学(K.I.T.虎ノ門大学院)イノベーションマネジメント研究科MBAプログラム 教授。国際大学GLOCOM 主幹研究員。社団法人渋谷未来デザイン フューチャーデザイナー。博士(工学)

慶應義塾大学修了後、富士ゼロックス株式会社入社。同社の「ドキュメントからナレッジへ」の事業変革ビジョンづくりを経て、2000年に新規ナレッジサービス事業KDIを立ち上げ。2012年6月、企業、行政、NPOを横断する社会イノベーションをけん引するため、株式会社フューチャーセッションズを創設。

著書に「イノベーション・ファシリテーター」「フューチャーセンターをつくろう」(ともにプレジデント社)など、監訳に「シナリオ・プランニング――未来を描き、創造する」、「発想を事業化するイノベーション・ツールキット」、「未来が見えなくなったとき、僕たちは何を語ればいいのだろう──震災後日本の「コミュニティ再生」への挑戦」(ともに英治出版)など多数。

メッセージ

ファシリテーターが社会のインフラになったとき、この社会は次のステージに進化する、そう信じて活動してきました。それは企業のビジネスでも、組織においても、公共のまちづくりでも、政治でも、学校でも、ファシリテーターが関わることで、この社会はもっと豊かに、信頼ある公正なものになっていくでしょう。「ファシリテーターがいる未来」を一緒につくって行きましょう!!

-->


uid000001_20110204190442bcef3c25.jpg

船川 淳志(ふなかわ あつし)

株式会社グローバルインパクト 代表パートナー
慶応義塾大学法学部法律学科卒業。東芝、アリコ・ジャパン勤務の後、米国サンダーバード校にてMBA取得。その後、米国シリコンバレーを拠点に組織コンサルタントとして活動。帰国後、グロービスのシニアマネジャーを経て、人と組織のグローバル化対応を支援するコンサルティング会社、グローバルインパクトを設立。NHK教育テレビ「実践・ビジネス英会話」の講師も務めた。

著書に『Transcultural Management』(米国Jossey-Bass出版)、「グローバルリーダーの条件」(大前研一氏との共著、PHP)等等多数ある。


堀(円形).jpg

堀 公俊(ほり きみとし)

堀公俊事務所代表、組織コンサルタント、1960年神戸生まれ。
大阪大学大学院工学研究科修了。大手精密機器メーカーに勤務後、有志と共にFAJを立ち上げ、初代会長に就任。
ビジネス、教育、まちづくりなど多彩な分野でファシリテーションの普及と啓発に努めている。

著書に『ファシリテーション・ベーシックス』『問題解決フレームワーク大全』『ファシリテーション入門』など多数があり、多くは海外でも翻訳・出版されている。

「ファシリテーションみらいセンター」で活動中です!

メッセージ

今年は創立15周年の記念すべき年です。対外的には老舗ならではの「ホンモノの味」を訴える活動を、内部的には幅広いファシリテーションの知見を外から持ちこむ活動に力を入れたいと思っています。今年も全国でいろんなワークを予定しており、できるだけ多くの人と交流ができれば嬉しいです。


森時彦丸.png

森 時彦(もり ときひこ)

(株)チェンジ・マネジメント・コンサルティング 代表取締役
(株)日本M&Aセンター 顧問、(株)CAC Holdings 社外取締役
大阪大学、マサチューセッツ工科大学(MIT)卒。工学博士 (PhD)、経営学修士(MBA)。
神戸製鋼所、GE (ゼネラル・エレクトリック)、テラダイン(日本法人)代表取締役、投資アドバイザー会社、(株)リバーサイド・パートナーズの代表パートナーを経て現職。BBT大学大学院、日本工業大学大学院にて客員教授。

著書:「ストーリーでわかるファシリテーター入門」「ザ・ファシリテーター」「ファシリテーター養成講座」、「ファシリテーターの道具箱」。雑誌などへの寄稿多数。

メッセージ

いろいろな分野で活躍される人が、日本ファシリテーション協会から多数出てきていることを頼もしく思っています。大きな社会的・経済的変化が進む今日、ファシリテーションの役割はますます重要になってきました。協会のより一層の活躍に期待したいと思います。