2022年1月29日(土)中国支部 1月オンライン定例会中国支部

テーマ
ファシリテーターのリフレクションとは?
ファシリテーション力を高めるリフレクションを考察し、
モデル化を試みる実験

定例会の概要

リフレクションという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

リフレクションとは、経験学習の分野で最近特に話題になっている考え方で、振り返りや内省の意味を持つ言葉です。
人は経験を通して成長すると言いますが、経験と振り返り(リフレクション)を通して学習し成長することは、
教育からビジネスまで、近年様々な場面で取り沙汰されるようになりました。

さて、リフレクションは私達ファシリテーターの成長にとっても非常に大切な考え方です。
私達はファシリテーターとして日々実践をこなしていますが、実践について意図的にリフレクションすることは意外に難しく、
多くの場面でせっかくの実践が放置され、学びとして回収しきれていない状況があると感じています。

リフレクションが難しい背景にはいくつか理由があると思いますが、
「リフレクションのやり方が定まっていない」ということはその中でも大きな問題のように思えます。
やり方が定まっていないことで「リフレクションの質が安定しない」、
その結果「リフレクションをやっても意味がない」と捉えられることになり、
リフレクションを実践するモチベーションが下がってしまうのではないでしょうか。

そこで今回の例会では「リフレクションのやり方」を探求することを目的とし、
特にファシリテーションを高めるリフレクションについて体験的に理解するワークショップを行います。

今回の話題提供者である中島さん、八住さんは以前からリフレクションのフォーマット化に取り組んでおり、
特にカードゲーム形式で構造化されたリフレクション(リフレクションカード®)を実践している方です。

定例会では、お二人とリフレクションチームメンバーで重ねた「ファシリテーターのリフレクション」についてご紹介し、
ファシリテーション力を高めるリフレクションについて、カードゲーム形式でフォーマット化されたプログラムを
実践してみます。

なお、今回のプログラムはファシリテーター専用にカスタマイズしたリフレクションカード®のプロトタイプ版を利用します。
プロトタイプ版のカードは、定例会の結果を受けて修正予定ですが、修正後もカードに関する著作権は
リフレクションカード®を保有するRML( https://reflection-method.com/)に帰属しますのでご
了承いただける方のみご参加ください。

今後他の支部でも開催を検討していますが、まず中国支部を皮切りに実験を始めていきます。
会員の皆様は奮ってご参加ください。

【ゴール】
・経験学習とリフレクションについて体験的に理解する
・ファシリテーターとしてどうリフレクションをしていけばよいのか自分なりに理解する

詳細は以下の通りです。

■日 時:2022年1月29日(土)13:00~17:00
・申込をされた方には前日までにZoomのURLを送ります。
 URLが届かない場合は、迷惑メールに保留になっていないか確認の上、
下記の「中国支部お問い合わせ」にご連絡をお願いします。
・当日は12:50までにZoomへのログインを済ませ、お待ちください。

■話題提供者:中島 久樹 / 八住 敦之 / リフレクションチーム(共にFAJ会員)

■会 場:オンライン会議システム「 Zoom」
※当日は、Miroを使用するので、操作説明の必要な方は
12時30分までにZoomへログイン下さい。(希望者のみ)
また、Zoomに慣れていない方やご不安な方にも
Miroの操作説明と合わせて操作方法の説明を行います。(希望者のみ)

■定 員:28名(会員のみ・先着順)

■参加費:無料

■申込期間:1/15(土)~1/23(日)24:00

■リフレクションチーム:
やまちゃん(山根弘和)、ようちゃん(佐竹陽一)、ゆり(中西百合)、
ジャスミン(八住 敦之)、なかしー(中島久樹)

■問合せ: ご質問、申し込み後の変更はこちらからお願いします。
https://www.faj.or.jp/base/chugoku/contact/

■お知らせ
・当日の参加は、できる限りパソコンから参加してください。また必ず事前にセットアップを済ませてください。


お申し込みはコチラ↓↓

中国支部1月オンライン定例会 申し込みフォーム

残りは6となります。

入力例:foo@example.com

Miroの操作説明会への参加(当日12:30~)必須
ファシリテーターの頻度必須