定例会でワークショップを実施してみたい方へ東京支部

定例会は、
ファシリテーションの調査・研究と会員の研鑽のために定期的に開催する活動(運営規程第28条)
会員であれば、どなたでもご自身の企画を定例会の枠組みで実施できます!

定例会や平日定例会でワークショップをやってみたいという方のために、実施までのプロセスを紹介

企画エントリー

以下のフォームやメールから、まずはお気軽にご相談ください。
東京支部運営メンバーに直接ご相談いただいてもOKです。

  • 東京地区メーリングリスト(faj_tokyo-grp@faj.or.jp)
  • 東京支部お問合せアドレス(tokyo-member@faj.or.jp)

東京支部運営メンバーがご希望をヒアリングします。
企画者ご自身が運営委員会にご参加いただき、企画内容の説明をすることも出来ます。

通常定例会の開催概要

【実施日】

基本、東京支部の定例会は、毎月第4土曜日に開催します(年末年始等、例外的に曜日が変更になる可能性はあります)。

【プログラム時間】

基本的に3~4時間程度のプログラムになりますが、ワークショップの効果などを鑑み終日プログラムも実施も可能です。

【開催場所】

東京近郊の会場(会場は月によって変わります)
オンラインでの開催も可能

平日定例会開催概要

【実施日】

基本、偶数月の第2金曜日(8月はお盆になるので、第2水曜日)に開催しますが、実施希望者がない場合は次の偶数月までスキップとなります。

【実施確定期限】

開催希望月の3か月前の2回目の運営委員会までに、企画申請を行い開催決定しておく必要があります。
例えば、8月に実施したい場合は、5月第2回運営委員会までに企画申請を行い運営委員会で開催決定し、8月平日定例会開催が決定します。

平日定例会の会場は、平日定例会の開催決定後に、運営委員会の箱チームが3か月後の会場の抽選をその月の月末までに実施し、確保します。

【プログラム時間】

平日夜の19時15分~21時15分で、プログラムは2時間以内とします。

【開催場所】

東京都内(東京都港区を予定) →新型コロナウィルスの影響がなくなるまでお休み
オンラインでの開催も可能

運営委員会のサポート

運営メンバーのサポートが必要な場合はお気軽にご相談ください。