2018年12月合宿定例会『組織が動く"ミドルアップダウン"が創り出す場の秘訣をファシリテーションの視点で紐解く合宿定例会』東京支部

調査研究:東京支部 2018年12月度合宿定例会

テーマ

『組織が動く"ミドルアップダウン"が創り出す場の秘訣をファシリテーションの視点で紐解く合宿定例会』

開催日

2018年12月1日(土)~2日(日)

会 場

碓氷峠コテージ「くつろぎの郷」

企画運営担当

チームち~む:飯島邦子・長橋良智・柳隆文・東憲治・辻真弘・(花田孝之)・(本橋邦弘)(以上、FAJ会員)

参加者数(会員)

10名

テーマ詳細 プログラム内容 担当者振り返り 参加者コメントなど

<概要>
組織開発とは、人と人の関係性や相互作用にフォーカスし、組織の力を最大限に引き出していくこと...。知識創造プロセスの比較研究で著名な野中郁次郎氏はトップダウンとボトムアップという西洋の伝統的マネジメントでは、組織的知識創造に必要なダイナミックな相互作用を促すことはできない。更には、ミドルアップダウン型が実現できている組織こそ、最も強い組織力を発揮する、と論じている。
この合宿企画では、FAJに所属している会員は何かしらの組織に所属し、その組織の力を引き出し、貢献したいがために、ファシリテーションの学びをしているという前提のもと、日常から少し離れて、美しい自然の中で、組織とファシリテーションについてチームでじっくり考える合宿定形式と定例会。
中心となる考え方は、野中郁次郎のSECIモデル、そしてEdgar H.Scheinのプロセスコンサルテーション、等、様々な組織開発に関連する素材を取り入れながら、この"組織の力を引き出すファシリテーション"を参加者と共に深めていく。

<プログラム>
Day1
・オリエンテーション(OARR)
・導入ダイアログ
・マネジメント体験ワーク
・話題提供(SECI・ミドルアップダウンマネジメント)
・Day1クロージングダイアログ
Day2
・朝の散歩(内省)
・チーム活動体験ワーク
・話題提供(グループプロセスコンサルテーションの氷山モデル・プロセスとコンテント)
・えんたくんカフェ
・ハーベストタイム
・合宿のチェックアウト

・ともどんの論文からの話を最初にインプットしたら、どう感じたか気になった。
・プロセスの影響を与えてくれたこと。マネジャーゲームでは情報共有の安全性や本人の役割・行動の認識が深まった。シグナルポールは単純に面白かった。理由は情報を多く持っている人と持っていない人で共有がないまま各論に入る。ファシリテーション的にはただ待っているしかなく、質問がない。また、参加者からの様々な企業の問題の話などが勉強になった。
・SECIモデルの論文発表がこの2日間何を学んだかはっきりさせた。
・MGゲームでGL体験で思ったことの確認の大切さを知った。シグナルポールでタスクに囚われているとファシリテーションの基本が飛んでしまうことを知る。自分の職歴とのアナライズができた。今まで知っていたこと、やっていたことを別の視点・論点から見直すことができた。
・タスクプロセス・メンテナンスプロセス・SECIモデルについて考え深めながら、いろいろな参加者との対話・ワークを通じて、様々なことに気付きました。「問いかけること」「聞くこと」「暗黙知から感じること」「共有すること」など合宿体験の中で多くの気付きました。
・タスクプロセス・メンテナンスプロセスが1番持って帰りたいキーワードとなる。しかし、ミドルアップダウンは殆ど深堀できなかった。
・シグナルポールの体験は合宿ならでは体験。全体的に熱量抑えめ感じが参加して楽しかった。ただ、チームを考えるという点では、もう一歩メンテナンスプロセスに踏み込み、それをどうやるのか?SECIをどう回すのか?考えてやってみて、それを振り返るということもあって良かったのでは?具体的な課題をくれた人に対して、何か皆で解決するようなプロセスも有ればいいと感じました。

報告者

東憲治・長橋良智・飯島邦子

報告日

2019年1月5日